2013年

5月17日

日曜日

おいしいものを、おいしいときに。できたてホヤホヤの旬の食材情報を、新鮮なうちに、お届けします。

旬食予報は、スマートフォンでもご覧いただけます。

ぐるなびぐるたびシェフごはんぐるなび食市場ぐるなび「和食」無形文化遺産プロジェクト


うど

うど


山菜として好まれる「うど」はウコギ科タラノキ属の多年草。「ウドの大木」という慣用句があるが、実際は木ではない。若葉、つぼみ、芽、茎を食用とする。「抗酸化物質」のひとつで老化やガンの予防効果などがあるとされているフラボノイドが含まれている。根は「独活」と呼ばれ漢方の一種として用いられる。

出荷量に応じて、大中小のアイコンを表示します。

[1kg~999kg][1t~99t][100t~]

現在表示している情報は、2015年3月24日時点での出荷情報です。(情報提供 ベジ探)

今月の旬食予報

今月の旬の食材を予報するのが「旬食予報士」のみなさんです。
旬の「見分け方」「楽しみ方」を毎月さまざまな視点からお伝えします。
旬食予報士のご紹介

  • 矢嶋 文子矢嶋 文子

    スッと鼻に抜ける香り、ほろ苦さがちょうどよい

    寒くても陽射しが強いな、と感じてきたら、うどが食べごろの季節です。太く、まっすぐで、穂先がしっかりと閉まっているのが良いうどの見分け方。部位に応じて食べ方を変えましょう。穂先は天ぷらに、皮を厚めに向いてキンピラに、中は酢味噌が王道です。寒かった冬から抜け出して、身体を春に目覚めさせるにはちょうど良い刺激のお野菜。水分をたっぷりとって、身体をデトックスさせましょう。

     

     

旬食ニュース

旬の食材のニュースをお届けします。
情報提供 うまいもんドットコム
(協力:東京シティ青果)

  • 3/8 栃木県

    県の北東、塩野谷地域から出荷された春を感じる山菜、その名も「春一番」うどです。

  • 3/7 群馬県

    「山菜の天ぷら用に、先の部分だけ欲しい!」というプロの声に応えた贅沢な山うどです。

  • 3/3 埼玉県

    県内では、日高市や所沢市が主な生産地の「軟白うど」は、「山うど」と違いアクが少なく、生でサラダにしても。

  • 3/1 群馬県

    奥利根から届いた「山うど」です。緑色のしゃっきりとした先端は、ぜひ天ぷらで味わいたいものですね。

  • 2/28 秋田県

    JAあきた白神から届いた「山うど」です。アクがやや強い赤系に比べて、さっぱりとした味が人気の白系です。

  • 2/25 東京都

    横穴式のムロで栽培される軟化うど「立川こまち」は全国有数のうど産地、立川市オリジナルブランドです。

  • 2/24 栃木県

    こちらは、那須の「春香うど」の山うどです。「軟化うど」より香り高く、歯応えがあります。

  • 2/24 栃木県

    この細長い箱に入っているのは、那須の「春香うど」のうち、光を全く当てずに育てられた「軟化うど」です。

  • 2/20 群馬県

    「山うど」は、全国の生産量第二位を誇る群馬を代表する山の幸です。こちらは嬬恋村で育ちました。

  • 2/17 岩手県

    JAあきた白神の登録商標「白神山うど」は、畑で育成した株を掘り起し、ハウスで伏せて栽培する手間暇の賜物です。

  • 2/15 秋田県

    「すがすがしい香りとシャリシャリ感」が謳い文句の純情産地いわての春の香「山うど」です。

  • 2/15 群馬県

    東北一の生産量を誇る能代の「山うど」です。そのほとんどが県外へ出荷されます。

  • 2/10 栃木県

    利根沼田地区の「山うど」は、太陽の光を浴びるため葉の部分は緑色になり、軟化うどとは別の味わいです。

  • 2/5 埼玉県

    大田原市や那須塩原市などで栽培される那須の「春香うど」は、全国トップクラスの生産量を誇ります。

  • 2/3 熊本県

    日高市特産の「うど」は土の中に深く掘ったうど穴と呼ばれる地下むろで純白になるよう育てられます。

topへ