2013年

5月17日

日曜日

おいしいものを、おいしいときに。できたてホヤホヤの旬の食材情報を、新鮮なうちに、お届けします。

旬食予報は、スマートフォンでもご覧いただけます。

ぐるなびぐるたびシェフごはんぐるなび食市場ぐるなび「和食」無形文化遺産プロジェクト


たまねぎ

たまねぎ


ユリ科ネギ属の多年草。寒さに強く、氷点下でもほとんど冷害を受けない。主要な産地に北海道北見市、兵庫県淡路島がある。江戸時代、長崎に観賞用として伝来した。辛みと刺激の正体である「硫化アリル」は血液をサラサラにし、コレステロールの代謝を促進させるなどの作用を持つ。

出荷量に応じて、大中小のアイコンを表示します。

[1kg~999kg][1t~99t][100t~]

現在表示している情報は、2015年3月24日時点での出荷情報です。(情報提供 ベジ探)

今月の旬食予報

今月の旬の食材を予報するのが「旬食予報士」のみなさんです。
旬の「見分け方」「楽しみ方」を毎月さまざまな視点からお伝えします。
旬食予報士のご紹介

  • 山本 謙治山本 謙治

    たまねぎ

    北海道産のタマネギが美味しい季節だ。日本のタマネギの旬は二つあって、春先の淡路島タマネギが出てくる時期、そして8月から始まる北海道産の出てくる時期。ジャガイモの旬が南北で二つあると同じような感じだと思えばいい。
    北海道のタマネギ産地といえばなんといっても北見である。段ボール箱に「北見F1」と書かれたタマネギの箱をみたことがある人もいるだろう。北見地方のタマネギ生産の歴史は長く、明治4年に北海道でも初めてタマネギ栽培を始めた。昭和29年には生産者の組合が立ち上がり、その頃からすると3代目が主力で頑張っている北見は日本一のタマネギ産地への道をばく進している。
    8~9月の収穫の時期に北見を車で廻ると、窓を開けたときにほんとうにタマネギのツンとした香りが流れ込んでくる!これホントです。収穫したてのタマネギをすぐに販売するのが新タマネギだが、これだと水分量が多すぎるので一週間もすると腐ってしまう、生鮮野菜としての扱いだ。なので、農協の大型貯蔵庫に入れて、30度程度の熱をかけて6時間感想を書け、その後も送風を続けて除湿し続ける。こうして水分量を下げたのを冷蔵貯蔵して、春先まで出荷し続けるのだ。
    僕のお薦めタマネギは、北見産の「真白(ましろ)」という品種。ホクレンのブランドで首都圏でも限られた店舗で販売されているはずだ。日本で栽培されるタマネギはほとんどが辛み品種と呼ばれるもので、オニオンスライスで食べる場合、水にさらして辛みを抜く。しかし真白はその必要がないという。おっかなびっくり試してみたら、本当だ!辛みがほとんど消えている。真白という名前がなるほどと思えるミルキーな美味しさなのだ。もしみかけたらぜひ買い求めて欲しい。そして、薄く刻んだらしばらくそのまま置いておき、鰹節とポン酢をかけて食べてみて欲しい。きっとビックリの美味しさだ。

  • 矢嶋 文子矢嶋 文子

    玉ねぎってこんなに甘いんだね、と実感

    10月の玉ねぎは一番味わいが乗っているようにいつも感じています。収穫後、干して水分が抜けた具合がちょうど良いのでしょうか。この味わいを引き出すためには、じっくりと時間をかけて火を通すことコレ間違えなし。柔らかい温度で、じわじわゆっくり。慌ててた火には、途端に焦げ付いたり、辛味が残ってしまいます。しつこいようですが、時間をかけてゆっくりゆっくり。きつね色になるまでじっくり炒めたら、これは1つの調味料です。オニオンスープにしてもよし、カレーやスープのベースになるのです。作る時は、多めに作って、小さいキューブにして冷凍庫で保存しておくと、即席でスープを作りたい時には、ポンと凍ったまま入れてしまえば、甘味と濃くだしに一役かってくれますよ!

  • 門上 武司門上 武司

    たまねぎ

    たまねぎは地域によって栽培時期が異なる。北海道は春まき栽培、西日本は秋まき栽培。数年前泉州のたまねぎ農家で種まきをしたことがある。それが成長し年明けに届いた時は感激をしたものだ。泉州のたまねぎは、かつて日本でもっとも生産量が多いときがあった。関西でもいまでは淡路島のたまねぎのほうが有名になった感がある。極端なことをいえば、淡路島のすき焼きは「鱧とたまねぎ」ということが当たり前のように語られるほどだ。
     フランス料理界で21世紀の扉を開いたといわれる「ラ・コートドール」の故ベルナール・ロワゾーさんは「水の料理」を提唱し、クリームのかわりにたまねぎのピュレを使いソースなどに濃度をつけていた。この話を思い出す度に、たまねぎの食べ方に興味をもってしまう。

     

旬食ニュース

旬の食材のニュースをお届けします。
情報提供 うまいもんドットコム
(協力:東京シティ青果)

  • 10/16 北海道

    紫たまねぎともよばれるアーリーレッドです。甘みと水分が豊富なのでサラダなどに向いています。

  • 10/9 北海道

    北海道北見の玉ねぎです。たまねぎの収穫量日本一は北海道で、地域にもしっかり根付いた食材です。

  • 10/9 北海道

    白い玉ねぎ真白。辛みがすくなく甘みもあり、サラダはもちろんどんな料理にもよく合います

  • 10/9 北海道

    北海道産のペコロスです。柔らかく食感も良いこの小さな玉ねぎは、シチューやグリル料理に丸ごと使います。

  • 10/2 北海道

    北海道名寄市の飯村さんが作った玉ねぎDr.ピルシー。話題の成分ケルセチンを多く含むのが特長だそうです

  • 9/25 群馬県

    和・洋・中のどんな料理でも活躍する「たまねぎ」。生の辛みに加熱による甘みと料理の幅を選びません。

  • 3/11 佐賀県

    玉ねぎシーズンの最初を走る「さが春一番たまねぎ」は、極早生品種「貴錦」をブランド化したものです。

  • 3/10 千葉県

    「葉玉ねぎ」は、昔から冬場の貴重な野菜として親しまれてきた、甘く肉厚で栄養価も高い「若どりの玉ねぎ」を商品化したものです。

  • 3/10 熊本県

    有明海からの潮風と阿蘇の火山灰が積もった水はけのよい砂土、塩トマトと同じ条件で育てられた「塩玉ねぎ」です。

  • 3/7 長崎県

    通常の玉ねぎは収穫後、乾燥させることで日持ちがよくなります。みずみずしい新玉ねぎは、買ったらすぐに食べましょう。

  • 3/7 北海道

    広い十勝の真ん中にある音更町木野産の「赤玉ねぎ」です。すでにネット詰めされた状態で届きました。

  • 3/4 熊本県

    「葉玉ねぎ」の緑色の葉の部分は、長ねぎのような風味で、同じように料理に使えます。

  • 3/3 北海道

    明治38年頃より玉ねぎ生産が始まった岩見沢では、今でも「まるいわ」ブランドの玉ねぎを全国へ出荷しています。

  • 3/1 静岡県

    今しか味わえない「新玉ねぎ」は、水にさらすだけで辛みが無くなり、生食できます。

  • 2/28 北海道

    玉ねぎ生産量日本一を謳うJAきたみらいでは、「黄玉ねぎ」だけでも数多くの種類を生産しています。

  • 2/28 北海道

    JAきたみらいのECO玉葱部会員みんながエコファーマーを取得した安全で安心な「ECOみらいたまねぎ」です

  • 2/26 北海道

    くんねっぷ昔がえりの会の特別栽培玉ねぎです。その地域に合った作物や栽培法を研究し、実践しています。

  • 2/25 北海道

    ちょっと小粒の玉ねぎは、最近では使い切りサイズとして人気が出ているそうです。

  • 2/24 兵庫県

    県の一番南にある細長い島、淡路島産の玉ねぎは、独特の甘さとやわらかさが自慢です。

  • 2/24 北海道

    「赤玉ねぎ」は、その色合いから紫玉ねぎとも呼ばれます。臭い・辛みが弱いので生食向きです。

  • 2/22 静岡県

    「白玉ねぎ」の新玉ねぎは、辛みが少ないのでサラダにすると、みずみずしさと甘さが楽しめます。

  • 2/17 北海道

    小粒の「ペコロス」は、姿を生かして丸のままシチューやピクルスに使うのがおすすめです。

  • 2/10 北海道

    昭和45年頃から、水田の転作作物として栽培されてきた玉ねぎは、今では富良野の主要な農産物です。

  • 2/6 静岡県

    浜松市篠原地区の特産品「白玉ねぎ」の新玉ねぎです。白玉ねぎは、愛知と静岡産のものがほとんどです。

  • 2/6 愛知県

    JAあいちの極早生種の早出したまねぎ「たま坊」は、2月中旬まではみずみずしい葉付きで出荷されます。

  • 2/6 千葉県

    玉ねぎの玉が丸く、大きく育つ前に葉付きのまま収穫した「葉玉ねぎ」の葉の部分は葱のように使えます。

  • 2/5 静岡県

    全国に先駆けて出荷される浜松産の「新玉ねぎ」です。年明けすぐから収穫されます。

  • 2/3 北海道

    「北見黄」は、30年以上前にF1種に押されて姿を消した幻の玉ねぎです。甘く柔らかい味わいが見直されています。

topへ